岩手交通安全教育研修センター

 

定款

一般財団法人岩手交通安全教育研修センター定款

第1章 総則

(名称)
第1条 この法人は、一般財団法人岩手交通安全教育研修センターと称する。

(事務所)
第2条 この法人は、主たる事務所を岩手県奥州市に置く。
2 この法人は、理事会の決議によって従たる事務所を必要な地に置くことができる。

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条  この法人は、関係機関・団体と連携協力して、交通安全思想を普及させ、地域の交通事故を減らすとともに、交通事故被害者への支援を行うなど安心安全な地域社会作りに貢献することを目的とする。

(事業)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
ただし、事業によっては委託して行うことができる。

  1. 自動車教習所等の施設を利用しての実践的講習活動
  2. 交通事故遺児等のうち、運転免許取得希望者への援助活動
  3. TV・新聞広告等メディアを利用しての交通事故防止活動及び反射材等交通安全グッズ配布による交通事故防止活動
  4. 不動産の賃貸に関する事業
  5. 県証紙の売りさばき
  6. その他この法人の目的を達成する為に必要な活動

以下省略

 

組織図

組織図

 

2018年度事業報告

2018年度事業報告[PDF]

 

2019年度事業計画

2019年度事業計画[PDF]

 

お知らせ

一般財団法人岩手交通安全教育研修センターでは、交通事故または東日本大震災等により、保護者の方が亡くなる・または後遺障害等により仕事を失う等、経済的な理由により普通免許の取得が困難な遺児の方に、免許取得費用の援助を実施しており、受けたい方を募集しております。 当財団は、免許取得の援助を通して、就職活動等に役立つよう、模範的なドライバーの育成に寄与し安心安全な地域社会作りに貢献することを目的としています。

援助の内容

普通自動車(MT・AT)運転免許取得にかかる教習費用等を援助(無償)する。
(但し基準内の時間数を超えた技能教習料金・補習教習料金及び各検定2回目以降の費用は別途負担となります。)

援助対象者

次の条件を満たす方

  1. 交通事故または東日本大震災等により、保護者の方が亡くなるまたは後遺障害等により仕事を失う等、経済的な理由により普通免許の取得が困難な遺児の方
  2. 原則高校、各種専門学校、短大、高専、大学等に在学中の方
  3. その他

募集定員

本年度 2名程

提出書類

  1. 普通自動車免許取得にかかる費用援助願書
  2. 戸籍謄本(保護者等の死亡事項が記載してある家族全員記載のもの)
  3. 在学の証明となるもの(在学証明書・学生証等)

募集期間

随時受付(但しその年の予定人数を終了した時点で受付終了)

採用の有無

書類提出後、審査を開催し決定

お問合せ先

一般財団法人岩手交通安全教育研修センター
TEL:0197-25-5158 (水沢自動車学校内) 担当:高橋