各種講習会・教室

高齢者講習及び認知機能検査

※運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が70歳以上のドライバーは高齢者講習を受講しなければ免許の更新ができません。

 講習は免許更新時に受ける一般的な講習。ビデオと講習で交通規則や安全運転に関する知識を再確認し、動体視カや夜間視力を測定するほか、実際に車を運転し指導員から運転技術について助言を受け、危なかった点などについて話し合います。試験ではないため、終了後高齢者講習証明書が交付されますが、これは免許の更新時に必要なものです。

※また75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に認知機能検査を受けなければなりません。
 認知機能検査の対象となる方は、運転免許証の更新期間が満了する日の6ヶ月前までに認知機能検査と高齢者講習の通知が警察から届きます。

認知機能検査とは

 記憶力や判断力を測定する検査で、時間の見当識、手がかり再生、時計描画という3つの検査項目について、検査用紙に記入して行います。検査の実施は、約30分で終わります。検査は、検査の実施方法について講習を受けた検査員の説明を受けながら進みますので、持別な準備は不要です。検査の結果を受け2時間講習・3時間講習に決定します。

※認知機能検査・高齡者講習は人数に制限があり、申込当日は受講できません。
※検查結果から講習迄日数を要しますので早めの予約をお願いします。

企業向け安全運転講習

交通事故防止のお手伝いをさせていただきます。講習内容、日程などはご相談に応じます。
詳しくはPDFの資料をご覧ください。

企業向け安全運転講習 [PDF]